マンション管理をめぐる問題やトラブルは、建物や設備等に起因する場合が多くあります。分譲マンションに終の棲家として安心して住み続けるためには、日常的な維持管理が適切に実施されているか、建物の劣化状況の診断など、外部の専門家によるチェックが必要な時代になっています。マンションを終の棲家にするために、マンション管理のプロフェッショナルであるマンション管理士をご活用ください。マンション管理について何かお困りのことがあれば、八重洲マンション管理士事務所にお任せください。マンション管理組合の抱える問題に幅広く対応いたします。

マンションで生じている建物の問題

平成25年度マンション総合調査によると、マンションの建物の外観等に生じている問題は「外壁や共用廊下のひび割れ」が『30.1%』、「漏水や雨漏り」が『19.4%』となっています。

マンションの建物の内部に生じている問題

マンションの建物の内部に生じている問題についての調査では「雨漏り」が『5.7%』、「床や天井のたわみ・変形」が『2.2%』となっています。

マンションの建物の設備・配管に生じている問題

マンションの建物の設備・配管に生じている問題についての調査では「給排水管の老朽化による漏水」が『12.6%』、「洗面台や台所、流しの排水のつまり」が『4.4%』、「浴室やトイレの排水のつまり」が『4.3%』となっています。

八重洲マンション管理士事務所マンション管理士は、マンションのハードとソフトの両方を支援します

実績豊富なマンション管理士事務所
東京都中央区の八重洲マンション管理士事務所は、マンション管理のスペシャリストとして管理組合が抱える様々な問題の解決をサポートします。分譲マンションの管理について何かお困りのことがあれば、どうぞお気軽にご連絡ください。管理規約の作成、管理委託契約書の見直し・管理会社の選定、顧問契約まで、マンション管理組合の抱える問題に幅広く対応いたします。