マンション管理関連の書籍は、どれも分厚くて持ち運ぶのに苦労します。
区分所有法やマンション管理適正化法など法律関連の他、判例や設備なども含まれているので仕方ありません。

いっその事、全部スキャンしてタブレットに押し込みたいのですが、この分厚い本を裁断することを考えると諦めてしまいます。
(こういう作業を自炊と呼ぶそうです)

自炊とは?
書籍を裁断してスキャンし、デジタルデータに変換する行為。
iPad、iPhone、Kindleといったデバイスで電子書籍を手軽に楽しむための手段として注目されている。自分でデータを作成してPCなどに吸いあげることから、「自吸い」という言葉が由来であると思われる。
一度に数十枚の紙を読み込めるスキャナーの価格は1万7千円~3万円程度。家庭用の裁断機は数千円~数万円と幅広く、値段が高いほどページの多い書籍を裁断できる。約160-180枚裁断できるものは3万円~4万円程度で販売されている。

Hatena Keywordより ー

マンション管理センターさんには、ぜひ電子書籍での販売をご検討いただきたいです。
マンション管理関連本

八重洲マンション管理士事務所

八重洲マンション管理士事務所
マンション管理士をお探しなら八重洲マンション管理士事務所をご利用ください。経験豊富なマンション管理士が、管理費削減、顧問契約、管理規約・委託契約見直し等の支援業務により分譲マンション管理組合の運営や理事会の問題解決をサポートします。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。