東京都中央区のマンション管理士事務所です。マンション管理士によるマンション管理組合向けコンサルティング業務。対応地域(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県)

顧問契約業務

マンション管理士による顧問契約業務

当マンション管理士事務所の顧問契約業務は、マンション管理士が、理事会や総会に出席し、管理組合立場で助言や支援をおこなう業務です。マンション管理士が理事会や総会に出席することで、かかりつけのお医者さんのように、管理組合の些細なトラブルや問題でも、気兼ねなく頼れる相談役がいることで、理事の負担を軽減することができます。また、マンション管理士を顧問とすることで、管理会社の担当者(フロントマン)に適度な緊張感を与え、管理会社の適正な業務に寄与します。

顧問契約業務概要

マンション管理組合に問題がおこった場合、その都度(スポット契約)マンション管理士等のコンサルタントにアドバイスや支援を受ける場合には、コンサルタントは、問題の状況把握などの労力と手間がかかることから、時間給として管理組合側が負担する費用がかさみます。
そこで、マンション管理士を顧問として採用することで、マンション管理士が常に管理組合の運営状況を把握することができ、迅速な対応と管理組合側の費用負担も抑える効果があります。
業務名称 顧問契約業務
報酬額 (月額)¥30,000円程度から
マンションの戸数や形態により費用は変動します。貴マンションを調査の上で見積書を作成しますが、報酬額の目安を下記のリンク先で確認することができます。

顧問契約・報酬額見積り ≫ 顧問契約業務に関するご質問 ≫

特記事項 「管理規約の改正」「管理費の削減」「管理会社選定」などもご要望に応じて実施します。別途費用は、発生しません。
(ただし、定例の理事会で説明を遂行できる範囲での業務の実施)
業務期間 原則として、1年間
1年間で管理組合の運営を適正化し、理事会で運営できる仕組みづくりを目指します。

理事が時間を掛けられない一般的なマンションにこそ顧問契約が必要

マンション管理士事務所のもとには、マンション管理に関して意識が高く、理事会活動に時間や労力を掛ける理事などからのご質問やお問い合わせが多数寄せられます。しかし、分譲マンションの総数からすれば、実はこうしたマンションや理事は少なく、一般的な分譲マンションでは管理組合運営は、管理会社任せではないでしょうか。

マンション管理組合の理事は輪番制で毎年交代し、マンション管理の専門的知識や経験が不足しています。建物の劣化が気になる、ゴミ出しのマナーが低下した、管理費の滞納が増えてきたなどの、管理に関する不満や不安が多少生じても、理事も毎日の仕事の合間に理事会活動を積極的におこなうことは困難でしょう。これでは管理会社任せになるのも理解ができます。

しかし、こうした状況を放置すると管理組合の運営に支障をきたします。信頼をおくべきマンション管理会社も目的は営利ですので、理事の管理に対しての意識が低いマンションには、マンションにとって不利益な提案をするケースも多く見られます。こうした管理会社任せの(一般的な)管理組合こそ、マンション管理士等のコンサルタントを顧問として採用して常に管理組合の運営状況を見守ってもらうことが必要ではないでしょうか。

こうしたマンションの管理組合にマンション管理士が顧問となることで、理事会に専門的なアドバイスや支援おこなって理事のご負担を減らす効果や、管理会社に適度な緊張感を与えることで、長期・継続的に安定した管理組合運営を実現することができると考えています。

 ■ |  >

顧問契約業務はこんな場面で

マンションの問題は日常的に発生します。問題を未然に防ぐには、マンション管理士を顧問として活用することをおすすめします。マンション管理士が理事会に毎月出席して、適正なマンションの運営ができるようにアドバイスや改善提案をおこないます。継続的に管理組合の運営を見守っている為、トラブルの解決方法を、すばやくご提案できます。当マンション管理士事務所では、多くの管理組合との顧問契約に基づく経験と実績により、特に管理会社に業務を委託しているマンションの運営の適正化を実現します。
  • 管理組合の運営について、第三者の助言を得たい
  • 理事会が適正に運営できるように助言を受けたい
  • 管理組合の収支を改善し管理費の削減を行いたい
  • 管理規約を見なおして、適性な運営を目指したい

このような場面で『顧問契約』業務をご利用ください。

 <  |  >

顧問契約業務の主なメリット

顧問契約業務の最も大きなメリットは、管理組合が抱える悩みをいつでも相談できることです。マンション管理士が理事会や総会に出席することで、かかりつけのお医者さんのように、管理組合のちょっとしたトラブルや問題でも、気兼ねなく頼れる相談役がいることで、理事の負担を軽減することができます。また、問題が起きる毎に、その都度マンション管理士事務所に業務を依頼すると、マンション管理組合の抱えている問題の全体像を把握するのは困難です。顧問契約業務では、マンション管理士が常に管理組合に寄り添うことで、管理組合運営の隅々まで把握している頼もしい存在になります。
理事会業務の継続性を確保します
マンション管理会社への抑止力
管理組合の主体性を確保できる
癒着のない公平な理事会運営

 <  |  >

顧問契約業務の主な業務内容

理事会に出席・助言
理事会にマンション管理士が出席し、必要な助言や提案をおこないます。その場で回答できない案件については、次回理事会までに回答を用意します。
総会に出席・助言
「通常総会」「臨時総会」にマンション管理士が出席し、必要な助言や議案に対する、組合員からの質問に対して、回答補助をおこないます。
理事会・総会議事録(案)の確認
管理会社が作成する議事録(案)について、マンション管理士が内容の妥当性を確認し、必要な校閲をおこないます。
管理会社作成資料の確認
管理会社から理事会へ提出された資料(月次業務資料、会計資料、見積書)等の内容を、マンション管理士が確認し、必要な助言や指摘をおこないます。
理事会からの依頼事項
「管理規約の改正」「管理費の削減」「管理会社選定」等、定例の理事会で説明を遂行できる範囲を限度として、理事会からの依頼業務を遂行します。
他のマンション管理士事務所の顧問契約との違い
マンション管理士事務所のおこなう顧問契約では、どこのマンション管理士事務所でも「理事会」「総会」への出席は、基本業務に含まれるでしょう。ただし「管理規約の改正」「管理費の削減」「管理会社選定」等については事務所ごとに対応が異なり、別料金となっている場合があります。八重洲マンション管理士事務所の顧問契約では、定例の理事会で「業務を遂行できる範囲」を限度として、これらの業務についても、顧問契約の業務範囲としてご依頼に応じてます。こうした業務については、管理組合運営でで日常的に議論、検討されることが多い内容であることから、その都度別料金とすることは、管理組合にとって不利益と考えているからです。 成功報酬制の顧問契約は注意が必要です
また、一部のマンション管理士事務所では、顧問契約期中に、管理コストを削減した場合には削減額の**%を別途支払いなどの「成功報酬」を含めている場合がありますが、この場合には、削減額が増えるごとにマンション管理士の報酬が増すことになりますので、無理なコスト削減により管理の質に低下につながりやすいことや、顧問契約の基本業務とこうした有料オプションの業務範囲の切り分けが難しいことから導入にあたっては注意が必要でしょう。

 <  |  >

顧問契約業務導入までの流れ

1.訪問日の予約受付
マンション管理士による顧問業務の内容ついてご理解いただいた上で、ご利用いただくためにサービスの導入をご検討の前に理事会にご説明にお伺いします。
訪問希望日を理事会訪問日予約フォームからお知らせください。(理事会に説明にお伺いした後、こちらからセールスをおこなうことはありませんのでご安心下さい。)
2.予約受け付け確定
折り返し、「メール」「電話」等、ご依頼者様のご希望の手段でご連絡いたします。2営業日(土日祝休)以内にご連絡いたしますので、連絡がない場合にはお手数ですが、再度のご連絡をお願い致します。
3.理事会で顧問契約の説明
理事会で顧問契約業務の業務内容について、マンション管理士がご説明致します。(顧問業務の内容についてご理解いただいてから理事会でサービス導入についてご検討ください。)
4.契約の締結
原則として総会での承認後、契約締結となります。(ご希望があれば、当サービス導入に関する議案作成等のサポートをいたします。)

 <  | ■

マンション管理士の顧問業務まとめ

本来、マンション管理組合にとって、一番のパートナーは管理業務を委託するマンション管理会社であるはずです。しかし、管理会社も営利企業ですから、管理会社の目的はできるだけ多くの利益を得ることです。一方で管理組合はできるだけ、低コストでより良い管理の質を求めますので、利害関係は必ずしも一致していません。ですから、マンション管理会社は日常的な管理組合運営についてのアドバイスや支援は期待できる反面、金銭に関わることについては一定の距離を置いて付き合っていくことが重要です。

結局のところ、マンションの資産価値を守るのは、管理組合であり区分所有者ひとりひとりしかありません。しかし、輪番制(順番)で理事は決められ、管理組合運営の経験やマンション管理の専門的知識が十分ではないことが多いでしょう。だからこそ、マンション管理士が管理組合の顧問に就任して管理組合運営に携わると価値があります。マンション管理における様々な問題やトラブル解決を継続的にサポートするのがマンション管理士です。マンション管理士を管理組合の顧問とすることで、どなたが理事になっても適正な管理組合運営を維持することが可能となります。

理事会に説明にいくマンション管理士

まずは、理事会に顧問契約についての説明に伺いますので、お気軽にお問い合わせください

理事会で顧問契約の採用をご検討する前に、マンション管理士が理事会に、顧問契約についての説明にお伺いします。訪問日予約フォームからご予約をお願いします。理事会ご訪問後、セールスなどをおこなうことはありませんのでお気軽にお声がけください。

理事会訪問日を予約 ≫

マンション管理士がマンション管理組合の顧問に就任すること

一般的に顧問というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?

会社や団体で、相談されたことに対して経験や実績に基づいたアドバイスをする役割で設置され、意見や助言をする人というイメージでしょうか?または、自社の役員を退いた方の名誉職といったイメージが強いかもしれません。

マンション管理士による管理組合の顧問とは、こうした会社や団体の顧問とは違い、弁護士、税理士、行政書士といった他の士業と同様に、専門的な知識やノウハウを持つ専門家としての見地から助言や支援をマンション管理組合へ提供することを目的としています。士業による顧問の基本的な役割とは、専門家としての専門知識や経験に基づいた高度な情報を定期的に提供することです。

管理組合にとって、マンション管理士の顧問は調整役の存在

ただし、マンション管理士の顧問が他の士業の顧問サービスとは異なるところは、他の士業が専門的で難解な法律や手続きなどの業務を顧客に提供するといった堅苦しいイメージがあるのとは異なり、マンション管理士の顧問は、専門家であると同時に管理組合の信頼できる調整役のような存在であるということです。

マンション管理組合は営利を目的とした企業とは違い、住人にとっての共有財産であるマンションという住まいの維持管理を本質としています。マンションでは住人の年齢や家族構成、価値観の違いが往々としてマンションで内のトラブルの火種になることがあります。ですから、マンション管理組合の顧問になるマンション管理士には、住人同士の価値観の違いを埋めるような円滑剤としての役割も求められています。

マンション管理士と顧問契約をむすぶ一番のメリットとは?

マンション管理組合が、マンション管理士と顧問契約をする最大のメリットは、高度な専門知識を持つ専門家を管理組合が日常的に活用できる点にあります。マンション内で理事や住人が時間をかければ解決できる課題でも、他のマンションの類例への対応実績が豊富なマンション管理士を活用することによって、より確実な課題解決と理事の時間や労力の削減をはかることができることです。

さらに目の前のコストだけを考えれば、必要な時にだけスポットで依頼すれば、毎月の報酬を支払う必要もなく、もっと安価に利用できるのではと思われるかもしれません。しかし顧問は、マンションの事情や課題をよく理解した上で随時適切なアドバイスをすることによって大きな問題やトラブルを未然に防ぐ役割を担います。

仮にどんなに専門知識や経験が豊富である優秀なマンション管理士だとしても、マンション内の事情をよく理解した上で助言をしなければ、マンション管理士本来の能力を十分発揮することはできません。

顧問契約なら大きく問題化する以前に問題の種を摘みとることが可能

毎月の理事会の場に気軽に質問できる顧問がいれば、理事の極ささいな疑問や不案であっても専門知識と経験に裏付けされた解決策を得ることができます。大きく問題化する以前に、問題の種を摘みとることが可能になれば、マンションを終の棲家として長期的にみたときには、結果としてコスト面でも有利に働くケースが多いでしょう。

マンション管理士には、他のマンションでの成功ノウハウの蓄積があり、それらの資産をご自身のマンションでも活用することができます。また、中立的な視点からマンションを見てもらうことができ、マンションの将来を左右する重要事項に対する冷静な判断への助けになります。

マンションの状況を理解しているマンション管理士が、マンション管理組合から求められる高度な質問に答え、必要な情報を定期的に提供するという顧問の存在を考えると、良い顧問に恵まれたマンションは運営面で大きなメリットを受けます。

マンション管理士は、マンションの顧問として管理組合に常に寄り添い公正な助言や支援をおこないます。さらに専門的な知見からマンションの状況を把握し、継続的に安定した管理組合運営を目指すために、理事の皆さまが取り組むべき課題や業務を側面からサポートします。

マンション管理士を選ぶには性格や人柄といった相性が大切

マンション管理士を選ぶにあたっては、マンション管理士がもつ知識や経験がもっとも大切ですが、顧問とは長年にわたって継続したお付き合いをする関係ですので相性も大切な要素になります。マンションの抱える問題を常に理事会や住人と共有できるような「管理組合とマンション管理士」との関係が重要になります。

八重洲マンション管理士事務所では、管理組合の皆さまがマンション管理士の顧問導入を本格的に検討される前に、理事会にお伺いしてサービスの説明をおこないます。これは、業務内容について十分にご理解いただくという目的のほか、マンション管理士のや性格や人柄といった相性の部分を理事のみなさまにご判断いただきたいという思いからおこなっていることです。

まずは、マンション管理士が理事会にお伺いして、顧問契約についての説明いたしますので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6225-2573 受付時間 10:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • 八重洲マンション管理士事務所・お問い合わせ

八重洲マンション管理士事務所

東京の八重洲マンション管理士事務所。経験豊富なマンション管理士が、管理組合や理事会の運営をサポートします。サービス提供エリアは、東京都、神奈川県、横浜市、千葉県、埼玉県です。マンション管理についてご不明な点やご相談などございましたら、お気軽にご連絡ください。初回のご相談は無料です。

八重洲マンション管理士事務所
東京都中央区日本橋3-3-3
いづみやビル3階
TEL 03-6225-2573
FAX 03-3275-0302

管理組合向けコンサルティングサービス

追加コストなしの管理費削減

マンション管理コスト診断バナー
新たな追加コストなしで、マンション管理費削減を実現します。
PAGETOP
Copyright © 東京・八重洲マンション管理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.