マンション管理士による管理規約改正業務

当マンション管理士事務所の管理規約改正業務は、マンション管理士が、現行の管理規約や使用細則等の問題点等を精査し、改定規約案の作成をおこなう業務です。マンション独自の管理規約を標準管理規約に合わせたいといった場合や、管理規約や細則を実態に合うように見直したいといったご要望に対応いたします。

業務概要

業務名称 管理規約改正業務
報酬額 a)現行の管理規約の「問題」を精査し「改正案」を報告書にまとめ解説する。
(1案件)50,000円~
b)現行の管理規約を「標準管理規約」に準拠させ、報告書にまとめ解説する。
(1案件)190,000円~マンションの戸数や形態により費用は変動します。貴マンションを調査の上で見積書を作成しますが、報酬額の目安を下記のリンク先で確認することができます。

特記事項 【別の方式での契約もご検討下さい】
管理規約改正は、顧問契約業務に含まれます
理事会で、逐条で検討をおこなう場合には、顧問契約でのご契約をおすすめします。
業務期間 業務開始から終了まで。内容により大きく異なります。

管理規約改正業務はこんな場面で

以下ののような場面で『管理規約改正』業務をご利用ください。

  • 管理規約を標準管理規約に合わせたい
  • 管理規約や細則を実態に合うように見直したい
  • 管理規約や細則に条文を追加したい

管理規約改正業務の主な業務内容

例)下記は一例です。実際の業務内容は案件により異なります。

現状の管理規約等のチェック
現状の管理規約や細則の問題点や改正が必要な箇所を精査し、報告書にまとめます。
管理規約改正(案)の作成
理事会での意見に基づき、改正規約案を作成します。
新旧規約対比表の作成
現行の管理規約と改正案の対比表を作成し、理事会で説明をおこないます。
組合員向けアンケートの作成・集計
必要に応じて、管理組合員向けのアンケートを実施し意見の集約をおこないます。
説明会出席による助言(顧問契約のみ)
管理組合員向け説明会資料の作成し、組合員からの質疑応答の補助をおこないます。
総会議案(案)の作成
総会議案(案)を作成し、組合員からの質疑応答の補助をおこないます。

理事会にお伺いして説明します

当事務所の業務の内容をよくご理解いただいた上で、ご利用いただくためにサービスの導入をご検討の前に理事会にご説明にお伺いします。ご遠慮無くお問い合わせください。
マンション管理組合様からのご要望は多様なため、理事会にお伺いして管理組合様からのご要望をお伺い上で、適切なサービスやお見積りの提出をさせていただきたいと考えています。