テーマ 迅速な対応が重要!管理費滞納者への対応(その2)
内容 管理費や修繕積立金は分譲マンションを適切に維持していくためには不可欠なものですので滞納(未収)を放置すると、大規模修繕工事費用の資金不足や管理費の値上げ等のリスクが増加します。本セミナーでは、滞納管理費回収に向けた理事会でおこなうべき対応について学びます。今回は前回(その1)参加者向けに、より専門的な内容となります。なお、悪質な滞納者をそのまま放置をすると、管理業務全体に悪影響が出る場合もありますので、多少費用がかかっても徴収する姿勢も必要です。法的措置には難しい面もありますので、弁護士等の専門家に依頼した方がよいケースもありますのでこれらのケースについても考えていきます。
日時 ※ 本セミナーは、終了しました。
場所 八重洲マンション管理士事務所
東京都中央区日本橋3-3-3いづみやビル3階

東京駅八重洲口、日本橋駅から徒歩でお越しいただけます。
JR線「東京駅」八重洲口から徒歩3分、東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」徒歩3分。
対象 マンションの区分所有者、管理組合など
定員 10名
費用 無料
申込 ※お申し込み受付は終了しました。
八重洲マンション管理士事務所では定期的にマンション管理サポート・セミナーを開催しています。セミナーでは、基本的な管理に関する話題や、管理に関する最新情報や個別の事例紹介などを中心にご案内させていただいております。参加費用は無料ですのでお気軽にご参加ください。

八重洲マンション管理士事務所マンション管理についてのご相談なら弊所へ

マンション管理士が管理組合をサポート
マンション管理組合の理事の日頃の管理組合運営に対するご負担は滞納問題や民泊の問題など、年々増しています。これらの問題に適切に対応するためには、一年毎に交代する理事だけでは負担が大きすぎます。理事の負担を減らし理事会や管理組合運営を適正化するために、マンション管理のプロフェッショナルであるマンション管理士をご活用ください。 マンション管理士は、マンション管理組合運営等に係る広範かつ、専門的な業務を総合的にマネージメントする役割を担います。分譲マンションの管理について何かお困りのことがあれば、どうぞお気軽にご連絡ください。