「マンション総合調査」は、5年に一度、国土交通省が行う総合的な調査資料です。

「管理組合」と「分譲マンション所有者(区分所有者)」向けの2つを対象とした全国規模のマンション管理に関する貴重なデーターです。

無作為抽出された全国のマンション管理組合および区分所有者を対象とした調査で、平成25年度マンション総合調査では、2,324の管理組合、4,896人の区分所有者から回答(有効回収数)を得ています。

他のマンションの状況を知ることのできるマンション管理に関する貴重な資料です。マンションにはそれぞれ規模や築年数などの違いがありますので、他のマンションに合わせれば良いということではありませんが、これから起こりえるマンション管理の課題をなどを知る上での参考になるでしょう。