管理会社から保証委託契約受諾証明書が届いていますか!

毎年、この時期(9月末くらい)にマンション管理会社から、管理組合の理事長宛に届けられるのが、管理費等保証制度を証明する「保証委託契約受諾証明書」です。

管理費等保証とは、マンション管理会社が倒産した場合などに被害を受けたマンション管理組合に対して管理費等1か月分の額を限度として金銭的被害を保証する制度です。

この制度は、マンション管理業協会に加入している「マンション管理会社から保証機構に届け出のあった管理組合」が保証対象となります。

当然、管理委託先の管理会社がマンション管理業協会に加入していることが前提です。これが管理会社変更(リプレイス)する場合に、管理業協会に加盟している管理会社であることが重要である理由のひとつです。

管理会社が保証制度に加入しているかは、管理委託契約時の重要事項説明書の記載事項ですので、委託契約書に保証制度加入と記載されているにもかかわらず、受諾証明書がお手元に届いていない場合は、保証対象管理組合として届出されていない可能性もありますので、管理委託先の管理会社にお問い合わせください!

なお、管理費等保証契約をしている管理会社は、管理業協会のホームページで確認できます。

東京のマンション管理士事務所

実績豊富なマンション管理士事務所
東京、神奈川、千葉、埼玉でマンション管理士をお探しなら、東京駅近くの八重洲マンション管理士事務所をご利用ください。経験豊富なマンション管理士が、管理費削減、顧問契約、管理規約・委託契約見直し等の支援業務により分譲マンション管理組合の運営や理事会の問題解決をサポートします。また、ホームページやセミナーでは、マンション管理に関する各種情報を提供します。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

八重洲マンション管理士事務所の取り組み



八重洲マンション管理士事務所は 安全、安心、安価なマンション生活を実現するためのマンション管理の実現をお手伝いをいたします。マンション管理組合が取り組まなければならない様々な問題や課題の解決ならマンション管理士におまかせ下さい。



安全安心安価





マンション管理士事務所の役割


マンションを購入した方は、そこで快適な暮らしたいのであって、決してマンション管理をするためにマンションを購入したわけではありません。それなのに、輪番制でいつのまにか理事になって、マンション管理の専門的な知識や情報収集の必要性に気が付きます。しかし実際には自分たちの暮らすマンションの管理が適切に行われているのか、判断するのは困難です。中立公正なコンサルタントであるマンション管理士をご活用いただくことで、理事のご負担を軽減することができます。



  • 管理組合と管理会社の関係に配慮しながら管理組合の利益を第一にアドバイスします。

  • 毎年輪番制で交代する理事の引き継ぎをサポートし、理事会運営の継続性を確保します。

  • 理事のご負担を極力減らした上で、管理組合の主体的な組合運営を支援します。

  • 必要に応じて弁護士や一級建築士などの専門家をご紹介し、相談をサポートします。